ロングドレスを着こなす│自分に似合うタイプを選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

派手な色や柄物のドレス

レディー

仲の良い友人や知人の結婚式に招待されたら、華やかなドレスを着用して参加しましょう。親しい間柄であれば、式の後にひらかれる二次会へそのまま参加することもあります。式と二次会での服装のマナーは、さほどかわりませんが、二次会では式の時よりも自由度が高くなります。したがって、少々露出度の高いドレスを着用しても問題ありません。しかし、式からそのまま足を運ぶ方も多いでしょうから、帰宅して衣装をかえるのは一苦労です。少しカジュアルダウンしたいと思った時は、アイテムをかえて雰囲気をかえるようにしましょう。

結婚式から二次会へ参加する際は、メイクや髪型を少しアレンジするのもありです。口紅やアイシャドウのカラーをかえるだけでも雰囲気がかわりますし、ラメやパールを足せば華やかな印象になります。髪型はスプレーで固定している方も多いでしょうから、髪飾りをかえてリボンを足すなどして結婚式の時とは違うアレンジをすると良いでしょう。メイクや髪型をそのままにしても、ドレスの着こなしをアレンジすれば雰囲気もかわります。露出度の高いドレスを結婚式の参加時から着る場合は、ジャケットやショールをはおり上品な雰囲気にまとめておきます。二次会では羽織っている小物を脱ぐだけで、カジュアルダウンすることができます。ジャケットやショールを持つのが面倒だと感じる方は、透け感がありながら上品なイメージになる、レースがほどこされたドレスを着用すると、綺麗に着こなせるはずです。

Copyright © 2016 ロングドレスを着こなす│自分に似合うタイプを選ぶ All Rights Reserved.